行ってきました東京ゲームショウ

こんにちは、DHCのNUです。

ちょっと間の空いたブログで恐縮なのですが、行ってきました東京ゲームショウ2018。9月20日から23日まで幕張メッセで行われた日本最大のゲームイベント、誰に呼ばれたでもなく、ただただゲーム好きとしてみんなで参加してきました。

f:id:hynm_dhc:20181004190119j:plain

f:id:hynm_dhc:20181004190132j:plain

(ごく一部で欲しいという声が上がっていると噂のDHC Tシャツをお揃いで)

f:id:hynm_dhc:20181004190146j:plain

f:id:hynm_dhc:20181004190210j:plain

 

ほぼ全員が初参戦ということもあり、初めて東京観光する高校生のようにパンフレットを頼りに片っ端からブースを練り歩きます。

今回は過去最大規模ということで、668もの企業・団体が出展していたそうです。来場者数も過去最高の29万8690人...!フジロックの4日間の来場者数12万5000人の倍以上ですよ。絶対的にインドアなはずのゲーム好きが音楽好きよりも多く集まるって単純にすごい。

 

f:id:hynm_dhc:20181004190901j:plain

f:id:hynm_dhc:20181004191114j:plain

 

これまでのゲームショウは家庭用ゲーム、いわゆるプレステや任天堂のハードが主流でしたが、時代とともにスマホゲームやPCゲームのブースも半数を占めるような割合になってきました。現に我々がプレイする『Rainbow Six Siege』や『FORTNITE』はPS4だけでなく、PCでのプレイヤーもたくさんいます。

f:id:hynm_dhc:20181004191605j:plain

f:id:hynm_dhc:20181004191540j:plain

f:id:hynm_dhc:20181004191623j:plain

f:id:hynm_dhc:20181004191638j:plain

(Twitchというゲーム配信用プラットフォームのブースで記念撮影)

 

SONYSQUARE ENIXKONAMICAPCOMSEGAといった我々が子供の頃からお世話になっているメーカーだけでなく、PUBG、ガンホーサイバーエージェントといったIT企業のブースも大きな展開をしていたのでゲーム産業の勢力図みたいなものも見えてきます。

試遊ブースは整理券が必要とのことで、昼頃に到着した我々は新作をプレイすることは叶わなかったのですが、ブースをぷらぷらするだけでも楽しいです。お祭り感覚。

f:id:hynm_dhc:20181005220331j:plain

RS6のキャラクター、ドッケビさんとヴァルキリーさん。

f:id:hynm_dhc:20181005220415j:plain

METAL GEARのスネークも。

 

何と言っても今回の目玉は、現在開発中のタイトル『DEATH STRANDING』のプロデューサー小島秀夫氏の登壇イベント。

METAL GEAR』シリーズを世に送り出し、SONYに移籍したKOJIMA PRODUCTION第一弾タイトルということで世界中から注目を集めるのが『DEATH STRANDING』。THE WALKING DEADに出演するノーマン・リーダスが主人公のキャラクターを務め、俳優のマッツ・ミッケルセンやレア・セドゥもキャラクターとして登場することでも話題です。

今回のイベントでは本作の声優陣も登場し、あの大塚明夫さんの生『待たせたな』を聞くことができて背筋ゾクゾク。これだけでも来た甲斐がありました。

f:id:hynm_dhc:20181005220730j:plain

最後に記念撮影。

来年はDHCも何かしらの形で参戦したいとここに決意表明しておきます...!

 

長々となりましたが、我々の配信17本目もアップされたのでこちらもどうぞ。

www.youtube.com

 

Instagramもやってます。

www.instagram.com